A lonely impulse of delight/「歓喜への孤独な衝動」

A lonely impulse of delight/「歓喜への孤独な衝動」

アイルランド大使館と東京藝術大学では、アイルランド‐日本外交関係樹立60周年を記念して、展覧会「歓喜への孤独な衝動」を開催いたします。本展は、アイルランドを代表する作家で1923年にノーベル文学賞を受賞したW.B.イェイツの作品に着想を得て創作された版画・写真・散文による作品、約30点を展示するものです。イェイツの作品を、現在活躍中のアーティストや作家の作品を通して現代の人々に伝えることを目標のひとつとしています。

本展は2015年にイェイツ生誕150周年を記念してアイルランド・ダブリンでスタートし、その後アメリカ、スウェーデン、英国、フランス、中国などを経て、外交関係樹立60周年である今年、日本に渡ってきました。会期:5月11日(木)~28日(日)
会場:東京藝術大学 大学美術館陳列館
参加アーティスト:
John Banville, Colm Tóibín, Edna O’Brien, Paul Muldoon, Eavan Boland, Donald Teskey, Hughie O’Donoghue, Richard Gorman, Martin Gale, John ...

Show the whole text

3 attendees (None invited)