5.3憲法集会@尼崎

5.3憲法集会@尼崎

戦後70年、日本はいま大きな曲がり角にさしかかっています。
安倍政権は、今国会で憲法を逸脱した集団的自衛権行使に関する法整備を進めようとしています。秘密保護法を強行し、武器輸出に手を染め、防衛予算を急増させ、沖縄・辺野古への新基地建設を強行し、憲法を変えてアメリカなどと一緒に海外で戦争する国への道を進めています。
安倍政権の標的は憲法9条だけではありません。
年金、介護保険、障害者福祉、国民健康保険などの福祉をバサバサと切り捨て、原発の再稼働を強行し、労働法制を根底から覆して「企業が世界で一番活動しやすい国」にして、残業代ゼロ・過労死を促進し、生涯派遣への道を突き進もうとしています。
また社会の一部には、偏狭な愛国心を煽り、他民族への敵意を声高に叫び排斥する雰囲気が高まってはいないでしょうか。
私たちは今、それぞれの様々な分野で危機感を募らせています。その危機感を共有することが、私たちがめざす社会の実現の第一歩となるとの思いからこの呼びかけをさせていただきます。
平和と命、個人の尊厳を基本に、日本国憲法を守り活かし、戦争、原発、貧困、差別を許さず、多文化共生の社会を実現しましょう。

19 attendees (240 invited)